診療内容
Contents

  1. 杓永整形外科ホーム>
  2. 診療内容

各部位の痛み / Pain

各部位の痛み各部位の痛み各部位の痛み
/ Pain

首や肩、肘、腰や足などの痛みでお困りではないですか。一時的な痛みでなく、度々痛みやしびれ等の症状が出る場合は、整形外科を受診してください。
部位によって様々な疾患が考えられ、それぞれに応じた治療方法があります。
手術をしないと良くならないのでは・・という不安で受診を拒まれる方もいらっしゃいますが、当院ではまず、薬物療法や運動療法、理学療法などの「保存治療」を優先して行ないます。
保存療法で良くならない場合は手術療法を選ぶこともありますが、お薬でよくなることもありますので、早めに受診していただくことが重要です。

スポーツ整形外科 / Sports orthopedic

スポーツ整形外科スポーツ整形外科スポーツ
整形外科
Sports orthopedic /

院長自ら小学校3年生から37歳まで、ソフトボール、軟式・硬式野球をやりながらスポーツの現場で実践をしてきました。
その体験を踏まえ、スポーツの世界で頑張っている子供たちの気持ちを理解し、少しでも怪我が起きない身体作りを目指しています。
痛みが生じる原因を追求し、今後同じ痛みを起こさせないよう運動療法を行なうことを心がけています。
実際にプロの選手の映像などを参考に、その子供たちに合った投球フォームの指導なども行なっています。

リウマチ / Rheumatism

リウマチリウマチリウマチ
/ Rheumatism

私が医師になったころ、関節リウマチは関節の破壊や変形がどんどん進行し、止めることができない病気だと考えられていました。
現在では、発症早期からメトトレキサートや生物学的製剤を積極的に使用することで、リウマチの症状はほぼ抑えられ、関節の変形を防ぐことが可能な時代になっています。
リウマチ治療の目的は、「痛みや炎症がなく、関節破壊が進行せず、発病前と同じ社会的生活を営めること」です。
罹病期間の長い患者さんでも適切な治療を行なうことで社会的生活を著明に改善し、維持することが可能になってきています。
私は、最初の研修先であった岡山済生会総合病院ですぐに、リウマチの勉強、臨床を始め鳥取市立病院、玉野市民病院などの地域の機関病院で、リウマチ外来を行なってきました。
当院にはその当時から数十年に渡り、私を信用してくださり、治療をともになさっている患者さんも大勢おられます。

リハビリテーション / Rehabilitation

リハビリテーションリハビリテーションリハビリ
テーション
Rehabilitation /

外来整形外科治療において、最も重要なのはリハビリテーションであると思っています。
当院には、外傷、変形性関節症など整形外科一般疾患は元より、脳梗塞などの脳血管障害、スポーツ障害、腰痛専門研修を受けた理学療法士・セラピストが計11名勤務しております。
治療プログラム(リハビリメニュー)は、医師の処方をもとに、患者さんの個々の問題点に合わせ、理学療法士が作成いたします。
作成した治療プログラムにそって理学療法を進め、症状の回復具合に適した運動療法を選択し、患者さんにできるだけ早く治療効果が出るように努めております。

page toppage top